もう悩まない!ライターズ ブロック解消法

Pocket
LINEで送る

WritersBlock

文章作成は、うまく進むときは楽しいのもで、行き詰ったときは地獄のようにつらいものです。アイディアを捕まえるのは、何千字の文章を書くよりもずっと大変だったりします。そして、新しいアイディアがなかなか来ないと、いわゆるライターズ・ブロック(英:writer’s block)になってしまうことも。

ライターズ・ブロックとは、作文時にブロックがかかったかのように、何も書けなくなる状態といいます。もちろん、ライティングのときだけじゃなくて、アイディアが求められる全ての作業時に起こり得ます。幸いにも、この3つの習慣を覚えれば、この状態を克服できます。

安定したアイディアの流れを作り、行き詰まりを防ぐ3つの方法

モーニング・ページ‐とりあえず、何でも書く

朝起きてから、ノートを持って何ページかの文章を書いてみてください。内容は何でもいいです。思いつくこと、今日みた夢、昨日あったことの感想、本当になんでもいいです。自分を含めて、誰かに見せるような文章ではありません。だから、あまり考えすぎないで、思いつくまま書き続けることが大事です。この練習を続けると、ずっと頭の中にいるアイディアが浮上しやすくなります。「あと1000字を書かなければならないけど、何を書けばいいか全く分からない」という悩みは過去のものですよ!

 

集中して読書をする

素晴らしいアイディアが天から降りて来るのを待っても、時間の無駄です。速く何か書かなければならないときに、ネットや図書館でキーワード検索して出た文章を片っ端から読む時間も体力もありません。そういう場合に備えて、自分の想像力を刺激する作家/ライター・本・WEBサイトを沢山見つけてストックしましょう。少しずつ文章をためているうちに、自分にインパクト与えるものを見つけやすくなります。そうすると、次行き詰ったときに、アイディアとインスピレーションを探しに行く場所も分かります。

 

ストレスを解消する

ストレスは思考力と集中力を低下させて、ライターの頭をカオス状態にします。ストレスを感じているとき、自信もなくなるし、失敗するのも怖くなりますし、締め切りが近くなるとパニック状態になりやすいです。ネガティブな状況下にいれば、いいアイディアが出るわけがありません。自分にぴったりなリフレッシュする方法を見つけて、ストレスフリー生活をめざしましょう。時間や手間がかかるものじゃなくてもいいです―家事をするなり、ちょっとした散歩をするなり、軽い運動などで、行き詰った状態を克服できます!

 

最後に

ここで紹介した3つの方法は、文章を書く人に特化したアドバイスです。大学のレポートから、コンテンツ作成の仕事まで、応用できる領域は広いです。さらに、少し見方を変えれば、クリエイティビティが求められる全ての作業の手助けになるかと思います。

もちろん、習慣にするのに多少の時間と労力は必要です。でも、クリエイティブブロックが解消されたら、あなたの人生はきっと一層楽しくなります!ぜひ挑戦してみてください!

 

オリジナル記事(英語): http://www.makeuseof.com/tag/facing-writers-block-get-ideas-flowing-3-daily-rituals/

訳 by ヤナ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です