スマホの次はこれだ!ウェアラブルデバイス

Pocket
LINEで送る

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_m皆さんはウェアラブルデバイスと言うものをご存知でしょうか。ウェアラブルデバイスとは、その名のとおり身体のどこかに身につけて使用するコンピューターデバイスのことです。おそらくウェアラブルデバイスと聞いて思い浮かぶのはgoogleが提供する
「グーグルグラス」でしょう。しかし世の中にはグーグルグラス以外にもこれから活躍しそうなウェアラブルデバイスはたくさんあるんです。しかも中には日本人が開発しているものもあります。そこで今回はそのウェアラブルデバイスの一部をご紹介しましょう。

サブタイトル

Moff

http://www.moff.mobi/
自分の動き全てを、手にしたもの全てをおもちゃに変えるというコンセプトのウェアラブルデバイス。その形状はリストバンド型。サイトからイメージ動画も見ることができます。父親と子供がおもちゃの剣で戦うと、剣がぶつかる音がなるなど、子供にはうれしいのではないでしょうか。アプリをダウンロードするだけでエコな遊びを楽しむことができます。現在製品化をめざしキックスターターで出資を受け付けていますので、気になる方は出資してみてはいかがでしょうか。

テレパシー

http://tele-pathy.org/
テレパシーは眼鏡型で、目の前の光景を従来のスマホ操作よりも早く映像や画像として共有することができるデバイスです。声や本体へのタッチ、画面の前でのモーションによって操作することができます。簡単に目の前の光景をリアルタイム共有できるので、感動の瞬間を遠くの友達に共有したり、目の前で困ったことがあったらそれの解決法を聞くことだってできます。グーグルグラスにどう対抗していくのか今後注目のデバイスでしょう。

Shine

http://www.misfitwearables.com/?locale=ja
Shineは身につけていると、活動水準をモニタリングしてくれるデバイスです。
ネックレスとして首から下げたり、ブローチのように使ったり、様々な身につけ方ができます。水泳やダンスなど様々なスポーツをしているときにも身につけていられます。自分の生活リズムや活同僚を計測したい、またそれによってダイエットを達成したい、という人にオススメです。Shineをスクリーンの上に置くだけで、コードでつないだりする必要が無く簡単にデータを同期することができるのも特徴です。

Sulon Crotex

http://sulontechnologies.com/cortex/
Sulon Crotexは現実空間をホロデッキ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AD)にしてしまう仮想現実プラットホームです。
イメージ映像をみるだけでかなり楽しそうです。今までゲームセンターにもシューティングゲームなどはありましたが、このような仮想現実に自分が入り込んで戦うものは無いでしょう。臨場感のあるシューティングゲームなどが好きな方はぜひ一度やってみてはいかがでしょうか。動作がどこまで快適に行われるのか
わかりませんが、今後に期待できるデバイスだと思います。映画で見ていたような世界を体験できるかもしれません。

Ring

http://logbar.jp/ring/
Ringは指輪型のデバイスで、指でジェスチャーすることによって家電や電子機器の操作ができたり、文字の打ち込みや支払いができます。指にはめるだけなので持ち運びに困らないし、サイズも何種類かあるので、自分に合ったサイズを選ぶこともできます。デバイスにジェスチャーを記憶させることもできるので、自分で好きなジェスチャーで様々なものを操作することができます。海外のクラウドファンディングサイト(クラウドファンディングに関してはこちら)で25万ドルの出資を募ったところ、88万ドルの出資が集まり、今最も期待されているデバイスといっても過言ではありません。
Lily

最後に

いかがでしたでしょうか
これからが期待されるウェアラブルデバイスは、未来を明るく照らしてくれそうですが、使い方を一歩間違えると犯罪になってしまうこともあります。その中でも特に問題なのがプライバシーの問題です。技術の進歩に弊害はつき物といわれますが、被害者が少しでも少なくなるように、正しい使い方をしてみんなが快適に過ごせるように心がけましょう。
また最初にも述べたとおり、ウェアラブルデバイスは身につけるものです。そこで私たちにとって大事になってくるのは身につけても恥ずかしくないデザインか、という点だと思います。この課題を企業が解決して、身につけたくなるおしゃれなデバイスが出ることを期待したいですね。

writer:s.w

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です